世の中には、オッズ理論というものがあります。

そのオッズ理論のパイオニアは、相馬一誠さんだと思います。

20年以上前に、よくこんな理論を考えたと思います。

 

CG表の567を作成して中穴をねらう

 

一撃必殺の万馬券には、夢もロマンもあります。

 

しかし、そんなに、出現するものでもないし、また、GETできるものでもありません。

 

 

馬券力を養うには、1,000円代の単勝、300円以上の複勝、そして、2,000円~3,000円の馬連をGETすることではないでしょうか?

 

コンピ指数等、様々な必勝法があるのですが、私は、このオッズオン方式が理にかなっていると思います。

伊川の開発したツール

コンピアナライザー

レイティングアナライザー

コラボアナライザー

HITアナライザザー

血統判定ツール

自作直結式

独自指数とコンピ指数を組合わせた、独自君

独自指数と、スピード指数を組合わせた、独自君_2

赤青判定

DMASHI指数

ソーン馬券

オッズアイ判定

CG表

 

そして今回のCG表567です。

 

本当に難しかったです。

では、どのようなものかを、紹介します。

 

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • オッズ理論に興味のある人
  • すでに、オッズ理論を勉強している人
  • 相馬一誠さんの、オッズオン方式に共感できる人

 

 

このブログを、読み終わるころには・・・・

 

このブログの結論

20年以上前から理論です。

しかし、なんせ難しいし、面倒で、とてもじゃないけど、全レースの予想は不可能でした。

しかし、このツールを利用すればカンタンにできます。

 

 

 

CG表で中穴をGETする

 

断層近辺に、的中馬は潜んでいる。

断層を利用する馬券にストに関しては、これは格言です。

この壁は、Excelで、乗り切ることができます。

36レース分のデータと、過去データの蓄積に関しては、ACCESSで乗り越えることができます。

つまり、理にかなっているので、過去分も含めて検証をすれば、もっと精度が上がります。

しかし、この相馬一誠さんの、オッズ理論は、◎、〇、×と記号で表示されているため、イマイチなのです。

そこで、この部分に関しても、数値化しようと思いました。

その数値で、判定を下すというものです。

ここは、私、独自の理論です。

ちなみに、本書をマネして作成しました。

1998年のG1レースを、ほぼ的中させています。

1998年といえば、スペシャルウィークが、ダービー馬になった年です。

この理論は、現代でも、十分に通用します。

 

 

 

中穴をGETする 作業手順 その1 CG表を作成するネタを用意する

 

このCG表なのですが、前日にも36レース分の判定をしなければなりません。

前日のCG判定については、下記の記事を参照してください。

パソコンがないと、まずできません。

時間がかかります。

しかも、競馬専門紙が4紙必要です。

中々の出費で、しかもアナログ、つまり手計算ではできません。

 

 

私は、競馬専門紙は利用しません

利用するものは下記の通りです。

 

当日の9:30前後の単勝、複勝、馬連のオッズ

KOLの予想オッズ

私が、コンピ、レイティング、コラボ、HITを組合わせた指数

 

この3つです。

 

コンピ、レイティング、コラボ、HITを組合わせた指数を、専門紙の4つの代わりです。

ZI指数も組合わせようかと思いましたが、オリジナルを出しすぎると、変になるかもしれません。

 

中穴をGETする 作業手順 その2 クロス判定表を作成する

 

この表は、11番の馬が、すべてにおいて、1位を表しています。

同じく6番もすべてにおいて2位です。

いわゆる頭は、固いレースです。

ここでどれくらいクロスしているかを確認します。

 

このクロスは、重複しています。

8位までのクロスした数を足して、2で割ります。

これがクロスの合計数になります。

中穴をGETする 作業手順 その3 様々は計算をする

この連勝倍率とは、不明です。

しかし、何かのメルクマールになると思いますので、ここを数値化して、よりわかりやすくします。

ここは、データの築盛が必要となります。

 

さらに、前日に作成した、CG表を合算します。

何気に、田中洋平さんの、コンピテクニカル6も利用します。

中穴をGETする 作業手順 その4 単勝標準偏差で、ゾーンを絞る

 

ここもオリジナルです。

Targetには、単勝標準偏差を、表示することができます。

ここでは、単勝標準偏差を利用して、中穴の発生ゾーンを見極めます。

単勝標準偏差が、5~13の範囲が一番、脂っこいゾーンです。

 

ここも、数値化します。

 

中穴をGETする 作業手順 その5 断層で判定する

5番に、強い反応が出ています。

それと、8番にも、単勝のみでありますが、反応があります。

 

 

このレースは、逆張りで行けます。

 

5番、8番を軸に、11番と6番につなげます。

 

結果は、6-8で、2,310円となりました。

 

回収率570%です。

ここがポイント

 

 

まだ、完全に数値化できていないので、判定が曖昧です。

しかし、完全に数値化できるなら、判断に迷くことなく投資という形で競馬ができます。

1レースの判定時間は、約30秒です。

全レースの判定で、8分ですね。

それでも、9:30前後のオッズを入れて、判定をすると、1Rには、間に合いません。

コードの改良が必要です。

まとめ

 

 

ロジカルな予想をするには、データベースと統計学が必要です。

この単勝標準偏差は、WIN5にも使えます。

 

私の作成した数値と、単勝標準偏差で、WIN5を攻略してみたいです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事