今も、色あせることのないコンピ指数を、利用した予想です。

自作のコンピアナライザーの的中率について検証します。

 

コンピアナライザーとは

 

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

コンピアナライザーに関しては、私自身が、作成した競馬予想ツールです。

詳しくは、下記の記事を参照してください。

カンタンに言うと、コンピ指数の過去の人気をデータベース化して、

現在のコンピ指数の人気に当てはめて、単勝的中率、30%以上のものを抽出します。

 

コンピアナライザーのデータも、1年分蓄積してきたので、データを検証してみました。

このブログは、こんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • コンピ指数を利用した予想が、好きな人
  • 競馬で、データベースを利用したい人
  • 軸馬選定に、自信のない人

 

このブログの結論
独自指数で販売中のコンピアナライザーです。
毎週、公開していますが、複勝の回収率最高値は、105%で、最低の回収率は、70%でした。
このコンピアナライザーが抽出した馬を軸にして、馬連で勝負します。

 

コンピアナライザーと、他の指数をコラボする

 

コンピアナライザーだけでも、平均の複勝回収率は、75%くらいです。

しかし、CG判定、うまとみらいとの、レース判定を組み合わせます。

そうすると、意外な結果が見えてきました。

競馬で、指数を利用して予想する場合は、あまり、沢山の指数を使うと、検証結果がおかしくなります。

組み合わせは、3つ、ないし、4つですね。

 

コンピアナライザーと他の指数をコラボする  その1 コンピアナライザーのみで検証

 

コンピアナライザーのみで、集計した場合、複勝の的中率は、70%です。

しかし、もう少し的中率を上げたいと思いました。

基本となるのは、CG判定です。

CG判定の要素は、全て取り入れました。

競馬を初めて、30年以上ですが、これほど、理にかなった予想法はないと思っているからです。

ただ、唯物論になりかねないので、うまとみらいと、のレース判定も組み込みました。

 

コンピアナライザーと他の指数をコラボする  その2 的中と不的中を判定

 

向かって左側が、的中の場合で、向かって右側が、不的中の場合です。

両者を合体させたものが下記の例になります。

 

注目すべきは、赤枠でしょう。

CG判定は、★●●●●、かつ、うまとみらいと、の判定が、本命、波乱の時の的中率は、80%です。

しかし、中波乱のときは、11%です。

中波乱は、却下します。

さすがに11%では、軸馬にできません。

でも、このままでは、配当にかんしては、100円、200円です。

 

コンピアナライザーと他の指数をコラボする  その3 血統判定と組み合わせる

12月28日の例です。

このレースですが、2着のニューダイアリーズは、コンピアナライザーで抽出された馬です。

また、1着のアテンパーティは、血統判定ツールで、7位以内に抽出された馬です。

 

つまり、コンピアナライザーの抽出馬を、軸馬にして、血統判定ツールの7位以上の馬へ、流します。

現在は、15点買いですが、コンピアナライザーを軸にすることによって、7点になります。

 

今回のケースでは、3連複も的中しています。

31点買いですが、3連複でも、15点にできます。

 

コンピアナライザーと他の指数をコラボする  その3 血統判定と組み合わせるメリット

 

今回は、血統判定ツールのみで、的中できました。

しかし、血統判定ツールの欠点は、血統のみで判定します。

だから、仕上がりの良い馬でも、血統が悪ければ、抽出しません。

ここが、欠点で、配当を逃してきました。

ただ、コンピアナライザーは、複勝の的中率なので、3着の馬を、軸馬にするリスクもあります。

ならば、3連複で勝負もできます。

 

ここがポイント
Function8.png
ヒモの選定ですが、まだ、DAMASHI指数があります。
このDAMASHI指数は、直結式と、相性がいいのです。
つまり、DAMASHI指数を利用することは、直結式の要素を、取り入れることになります。
買目を少ななくして、高配当をGETできることが、可能になります。

 

まとめ

 

今回は、コンピアナライザーの利用について、検証しました。

まだ、レイティングアナライザーもありますので、この辺も検証していこうと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事