【競馬 データ分析】独自指数と、偏差値で万馬券が来た

最近は、統計を使って、研究するのにハマっています。

Excelのデータ分析ツールで、あの手、この手で万馬券をGETしようと思っています。

少しだけ、馬券生活者に近づいてきたのかもしれません。

このブログで言いたいことは、無条件で偏差値68以上の馬がいたら買いです。

競馬で偏差値を取り入れたら?

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

ZI指数の偏差値と、標準偏差を使うと、未勝利戦では、結構万馬券がGETできることに気が付きました。

多分、コロガシもできるのではないかと思います。

しかも、未勝利戦では、人気がないのに、偏差値が60以上の馬が結構います。

この馬は、金を捨てると思って購入すべきです。

しかし、統計も絶対ではないので、注意が必要です。

中長期的なことを考慮して、投資にしましょう。

このブログは、こんな人にお勧め

今回のテーマ
  • 未勝利戦が好きな人
  • 午前中で、高配当をGETしたい人
  • その高配当を、午後のレースでコロガシをしたい人

このブログを読み終わるころには・・・・・・・

一応、予想理論として、確率に近くなっていると思います。まだ、データ収集が必要ですが、普通に万馬券がきますので、午前中のレースが楽しくなります。

ただ、統計は絶対ではありませんので、ご注意ください。

ZI指数の偏差値理論

この方法に関しては、自分でもスゴイと思っています。

ACCESSを利用すれば、誰でも使えます。

算出できない人は、私の独自指数を購入していただければと思います。


複勝のみを購入してもプラスです。

ここまで、的中するなら、午前中で、競馬をやめて、そのまま、遊びにいきます。

偏差値に着目


コンピ指数を見ていただきたいのですが、68を除いては、ほぼ、コンピ指数が下位層です。

しかし、ZI指数の偏差値が、65以上の馬が、こんなに沢山います。

この馬を見逃すような事は、もったいないですね。

抽出手順

レース番号 1レース~5レース

ゼッケン番号 9番~18番

独自指数 2桁以上

KF3_C 0

偏差値 65以上

マイネルアミスターは、偏差値 71です。

普通に東大合格レベルの馬です。

CG表 マイネルアミスター

赤枠の中が偏差値ソーンです。

コンピ指数で人気に指定されている馬は、軒並み、下位です。

しかし、私は、6番を読めず、15万馬券を逃します。

だから、馬券は単複勝負なんですね。

CG表 ルージュジャドール

このレースも、CG表の偏差値ゾーンは、バラついています。

単複勝負の場合

対象馬は、11頭

投資金額 100円

投資合計金額 1,100円

単勝配当合計 23,100円

回収率 2,100%

ここがポイント

とりあえず、CG表の偏差値ゾーンが、他の指数に反して、バラついているときは、何かが起こりそうです。

統計という要素を入れるだけで、競馬はこんなにも変わります。

まとめ

偏差値理論は、一旦ここで終了します。

それは、本当に当たるからです。

また別の企画等を考えていますが、これ以上の理論を見つける自信がない気がします。

それは、冗談です。

もっと精度を上げたいと思っています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事