東のコンピ指数、西のレイティング指数!

東西の横綱の指数です。

この指数を利用して、的中馬券がGETできるかを検証しました。

コンピ指数とレイティング指数に相関関係はあるか?

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

今回は、コンピ指数とレイティング指数を合体したらどうなるかを検証します。

また、HIT指数とコラボ指数を合体したらどうなるかも検証します。

コンピ指数とレイティング指数を利用して、予想をしている人はいますでしょうか?

この2つの指数に相関関係はないと私は思っています。

コンピ指数が現在の状態を表しているのに対して、

レイティング指数は、過去から現在の状態を表していると思っています。

つまり、コンピ指数の2位と、レイティング指数の2位は、まったく別のものです。

レイティング指数の2位は平気で、複勝が、600円以上の配当が平気であります。

だから、万馬券の立役者が、レイティング指数2位なんて言うのはザラにあります。

さて、この2つの指数が手を組んだらどうなるか?

今回はその検証です。

コンピ指数とレイティング指数

ここでは、紹介しませんが、コンピ指数とレイティング指数は、相関関係にありません。

自分で、Excelの解析ツールで、証明しました。

気温が上がれば、ビールが売れるというような関係にはありません。

しかし、なんとか利用できないかを検証しました。

コンピ指数とレイティング指数の検証方法

  1. 2018年6月24日からのコンピ指数とレイティング指数を利用する
  2. 今週のコンピ指数とレイティング指数を利用する
  3. 今週のコンピ指数と、レイティング指数の状態を、過去のデータベースに紹介する
  4. その中で、的中率の高い馬を購入する

コンピ指数とレイティング指数 作業手順 その1 ACCESSでから抽出


 

こんな感じでデータベースを作成します。

今週のデータベースを、過去のデータベースに紹介します。

紹介する内容は、

過去のコンピ指数と、レイティング指数の数値と人気が一致した、馬を抽出します。

3月13日、3月14日に関しては、426頭が該当しました。

コンピ指数とレイティング指数 作業手順 その2 判定結果

426頭なら、改修率は全然ダメなのですが、この手の数値は、複勝をメインに考えるのが私のスタンスです。

まずは、小さい馬券でも必ず獲得しましょう。

その場合、3月13日 中京1R 15番 アウリガテソーロの単勝7,490円を見抜いていました。


単勝の回収率は、171%の結果となりました。

過去のデータも検証した結果、辛うじて、回収率100%超えでした。

回収率だけでなく、的中馬券の中身を検討するのも重要です。

つまり、今回の高配当が無ければ、回収率100%を割っています。

まだ、この通りには、購入できません。

ここからさらにデータを検討する必要があります。

コラボ指数とHIT指数

この2つの指数ですが、最近データを取り始めたので、なんといってもデータが少ない。

しかも、コラボ指数に関しては、データ元が不明です。

HIT指数は、トラックマンが評価している数値のようです。

抽出条件が多いので、これも合体してみました。

HIT指数とコラボ指数 作業手順 その1 ACCESSで抽出

こんな感じで、データベースを作成します。

HIT指数とコラボ指数 作業手順 その2 判定結果

抽出された馬は、2頭です。


恐る恐る結果を見てみると・・・・・・


複勝に関しては、的中率100%

単勝の的中率も50%

しかも、単勝の配当は960円です。

うーん、いいじゃないですか?

この少ない抽出にかしいて、この的中率を回収率!

単勝の回収率は、480%です。

ここがポイント

最近は、的中率100%を発見しても、今回だけではないのか?

そんな、疑り深い性格になってしまいました。

もうだれも信じれない伊川です。

しかし、真実は1つ!

その謎、つまえい、競馬という極上の推理小説を解明したいと思っています。

まとめ

だんだんと、統計の方法も、似てきたので、もっと勉強して、違う手法も取り入れたいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事