競馬で統計を取り、データ分析すると、競馬で勝てると思う人がいます。

そんなデータマニアが欲しがるデータ分析本です。

今回は、3月14日の中山競馬場のみですが、記載されたものをデータベース化しました。

結果はいかに?

🉐データ→大的中! この父 このテキ この鞍上+馬主2021

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

データマニアには、たまらない書籍です。

見た感じ、フィーリングだけではなく、数的根拠がある馬券本です。

素晴らしいと思います。

森羅万象の出来事でも、数字はウソをつきません。

言ってしまえば、統計を使えば、数字で表せないことはないはずです。

しかも、近未来さえ予見できるのが統計です。

なので、データベース化して検証をしてみました。

 

2021年3月21日 中山競馬場で検証

対象馬は、176頭です。

書籍のみで判定しました。

結構、ワクワクしながら、データベースを作成しました。

結論から言うと、それほど当たりません。

検証その1 種牡馬編



種牡馬に関しては、13頭の抽出がありました。

的中は、2頭です。

複勝のみです。

人気に関しては、3月13日 20時30分前後のものになります。

人気に誤差があるのは、ご了承ください。

作成しましが、2頭しか的中しませんでした。

複勝410円ですが、トラインですが、この条件が当てはまるのは、重賞の前走が、1着~5着です。

トラインは、阪急杯で、17着です。

本来ならば、この馬を買ってはいけません。

ただ、マツリダゴッホは、見事な的中でした。

ルミナスラインは、4番人気で、複勝240円です。

中山芝1200mは、マツリダゴッホは覚えておいた方がいいと思います。

検証その2 騎手編

騎手に関しては、7件の抽出です。

田辺裕信騎手は、未勝利の時に買いなので、本来ならば、この馬は買えません。

また、戸崎圭太騎手は、2歳限定です。


このレースは、4歳以上なので、買えません。

残るは、横山武史騎手のみです。

横山武史騎手は、中山芝1200mでは、結構、おいしいので、覚えておきましょう。

検証その3 調教師編

調教師に関しては、3頭の抽出です。

調教師に関しては、全滅・・・

条件があるのですが、調べる気がなくなりました。

もう少し、当たるような気もしたのですが、うーん・・・・・・・

ここがポイント

勘違いしていただきたくないのですが、書籍を批判しているわけではありません。

書籍の検証をしただけです。

3月14日のみですが、それほど的中はしませんでした。

AMAZONのレビューを読むと、結構、★もついていますので、信じる方は購入してもいいかもしれません。

しかし、競馬なんて、所詮は、そんなものです。

必勝法発見には、さらなる努力が必要です。

まとめ

データ分析は、無敵ではありません。

統計も無敵でもありません。

しかし、フィルターの数を増やせば、いつかは、必勝法に辿り着くと思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事