競馬予想

このブログで言いたいことは、

硬いレースを予想した時は、裏を読むことが大切です。

コンピアナライザーの裏利用

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

私が、開発した、コンピ指数と、単勝人気を紐づけるシステムです。

配当こそ低いですが、的中率は複勝で、70%以上です。

3開催の時は、全部で、ほぼ、480頭くらいでしょうか?

その中から20~30頭を抽出します。

1月30日~1月31日でしたら、総出走馬は、972頭で、抽出された馬は、34頭です。

的中率は、74%です。

裏を返すと、26%は固く収まらないという事です。

今回はここを狙い撃つ方法です。

コンピ指数

コンピ指数の算出は、ここでは、ブラックボックスという事にしておきます。

しかし、単勝オッズに近い値を出し、かつ、その数値は、不動で、ぶれることはありません。

コンピアナライザーをしらない人のために、一応で説明します。

だから、必ず、初期のオッズを使って抽出します。

今後の課題は、どの時間帯のオッズが一番適切なのかを判定する必要もあります。

これも、今後の研究課題です。

その初期オッズの単勝人気と、コンピを紐づけたのが、コンピアナライザーです。


これが、1月30日~1月31日の成績です。

コンピアナライザーで判定できなかった馬


このデータは貴重ですね。

例えば、タニノミッションは、出来のいい馬かもしれませんが、血統が全くダメ。

つまり、才能がない馬という事になります。

では、このレースの結果はどうなのでしょうか?


大荒れではないにしても、中々の高配当です。

穴レースを判定する条件 作業手順 その1 前走で、1秒以上で負けている


この条件に当てはまると、才能があってもダメ

この条件は、馬の状態を見ることが大切ではないでしょうか?

明かに太い、あるいは、細い、発汗等ではないでしょうか?

穴レースを判定する条件 作業手順 その2 直結式を見る

直結式の数合計を見てください。

これは、本物の直結式にはありません。

直結式で、好走した回数です。

まぐれで1着になり、良い点数を出した馬と、コンスタントに好走する馬を見極めるためです。

好走が、1回~2回の馬は、来ない確率が高いです。

穴レースを判定する条件 作業手順 その3 前走の距離を確認する

距離が増えていてもダメ。

血統判定ツールの複勝判定もそうでしたが、距離が延びると、ヤバイです。

このような人気馬が、危険という事になります。

穴レースを判定する条件 作業手順 その4 前走の着順を確認する

前走が、10着以上の馬は、無条件で切ってもいいと思います。

たまに、大駆け抜けする馬がいますが、その例外を求めると、回収率が安定しません。

穴レースを判定する条件 作業手順 その5 まとめ

  1. 血統判定で、数値がない馬を切る
  2. 血統判定で、数値があっても、距離が増えた馬は切る
  3. かつ、1秒以上で負けた馬も切る
  4. かつ、前走着順で、10着以上なら、切る

これが本命の選択なら、逆を言うと、これが穴を探す条件となります。

この条件で飛んだ馬のレース結果

エースレイジング

リレーションシップ

大荒れですね。

しかも、1番人気を切れます。

現実問題として、本番はどうかわかりませんがね。

スエーニョブランコ


ここは、中荒れですかね。

フクノルッカ


フクノルッカ


ここがポイント

本命を当てれるという事は、裏を返せば、穴レースを見極めるとう事です。

コンピアナライザーに関しては、いいものを作成しました。

こんな使い方もあるという紹介でした。

まとめ

まだ、絞りこめる条件はあると思います。

なぜ?

それは、私は、競馬に必勝法があると信じているからです。

この辺の抽出条件は、今後、発売する月刊購読をしてくれた人のみ公開していこうと思います。

この基本的な指標がない限り、信じてもらえないでしょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コンピサンプル (6 ダウンロード)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事