以前に、単勝万馬券をGETする方法を紹介しました。

その時はスーパーDAMASHI君で、万馬券をGETする方法です。

今回は、また違った方法で、単勝万馬券をGETする方法を紹介します。

単勝万馬券をGETする方法2

 

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

今回、参考にした書籍はこちらです。

 

数多の馬券本を購入しましたが、こちらの書籍も、相馬一誠さんの書籍と同様に、素晴らしい内容です。

 

冒頭にも紹介しましたが、スーパーDAMASHI君で、単勝万馬券をGETする方法を紹介しました。

 

その方法を類似の方法です。

 

この書籍の、12章、13章に記載しています。

 

この書籍の悪いところは、最初に、ハイペース経験馬等、難しい理論から、紹介されているので、敬遠されがちです。

しかし、そのあとは、結構、Excel、ACCESSで実現できそうな内容も記載されています。

 

一度は、GETしたい単勝万馬券です。

 

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • 大穴研究をしている人
  • 単勝万馬券をGETしたい人
  • データ競馬を実践したい人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
今回は、ACCESSとExcelで実践していますが、競馬新聞でもできると思います。
但し、全レースを検討するなら、パソコンのほうが良いと思います。
秒で抽出できます。

芝替、ダート替を狙う

 

 

昔から言われていますが、本当に、芝替と、ダート替というのは、穴をあけるのでしょうか?

その理論が、KMASHI、発展形がDAMASHI指数ですね。

では、そのもっとカンタンにしたのが、今回の理論です。

 

芝⇚ダ⇚芝

 

ダ⇚芝⇚ダ

 

この組み合わせです。

 

スーパーDAMASHI君ではなく、カンタンなDAMASHI君です。

 

この結果が実に興味深いものでした。

 

対象日は、2022年5月29日、36レースを対象としました。

 

 

芝替、ダート替を狙う 作業手順 その1 すべてのデータをTergetからACESSへ移行する

 

今回、出走するデータです。

穴判定で、◎がついた馬が、芝⇚ダ⇚芝、ダ⇚芝⇚ダ の該当の馬です。

やり方に関しては、カンタンなクエリと、リレーションで完成します。

 

 

芝替、ダート替を狙う 作業手順 その2 結果

 

473頭で、19頭抽出です。

 

タイキバンディエラ、単勝10,990円 複勝3,440円

Naosuke
マジかよ!

 

って感じでした。

回収率601%ですね。

 

芝替、ダート替を狙う 作業手順 その3 このロジックが導くものは?

 

中京4R、中京10R に着目してください。

 

万馬券野郎になるかもしれない馬が、多数、出走しています。

因みに、上記レースでは、対象の馬は、来ていません。

しかし、もしかしたら、この馬たちが、波乱を演出したのかも?

もしかしたら、荒れるように、レースを仕込んだのかもとおもいました。

中々の荒れ具合ですね。

仕込んだのではなく、何が来てもおかしくないということですね。

アパショナード 複勝 3,330円って、タイキバンディエラと変わりませんね

3戦目なので、なにもメルクマールもなく、突然走り出したのでしょうね。

芝替、ダート替を狙う 作業手順 その4 異常オッズはどうなっているか?

 

中京4R

アパショナードに、ちゃんと、異常オッズの反応が出ています。

中京10R

 

 

芝替、ダート替を狙う 作業手順 その5 オッズオンはどうなっているか

 

中京4R

このレースは、オッズオンの大穴パターンになっています。

12番に断層が有、8番に単勝も単勝断層があります。

この場合は、12番から、8番の間に、激走する馬がいるらしいですね。

ココは、まだ研究していなので、後々明らかにしたいと思います。

中京10R

このレースは、1番人気、2番人気は不安定です。

16番にわりと、強い青断層、6番には、赤断層があります。

1番は、オッズオンでは買えないですね。

但し、このレースは、荒れると思っているなら、7番にも断層があるので、7番から、前にいる馬を検討すべきでしょう。

 

ここがポイント

 

針の穴を通すような作業ではないです。

データを蓄積して、そのレース傾向を分析すると、いい事があるかもしれません。

確固不抜のデータベースは、毎日のデータ築盛によって、成り立ちます。

まとめ

 

今回紹介した書籍の内容は、まだまだ、ExcelとACESSで、実現可能なものがあります。

もっと、作成して、単勝万馬券がGETできるように頑張ります。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事