様々な競馬の必勝法を、ExcelとACCESSで表現してきました。

今回は、双馬さんの書籍を、ExcelとACCESSで表現してみました。

果たして、1,000万稼げるのでしょうか?

種牡馬のクセを見抜くことで、1,000万円稼げるか?

 

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

 

亀谷さんも絶賛というコピーに目を引かれました。

穴を取るのは、血統を思い、血統を研究してきました。

特に、赤青判定に関しては、距離が、前走より短縮になっている馬が、好走するケースが多いです。

稀に、前走より、距離延長の馬も走り事があります。

この点に、合点ができませんでした。

その時に、双馬さんの書籍です。

ここぞとばかりに、書籍を購入したのが、顛末です。

 

このブログは、こんな人にお勧め

今回のテーマ
  • 血統を研究している人
  • 大穴馬券をGETしたい人
  • 血統を勉強したくても、面倒と思っている人

このブログを読み終わるころには・・・・・

 

このブログの結論
書籍を購入して、ある程度のデータベースを作成できれば、血統は、カンタンになります。
但し、当然ですが、毎回、的中するわけではありません。
しかし、この本はすごいと思います。

 

 

種牡馬のクセで、1,000万稼げるか?

 

とにかく、双馬さんの書籍を、データベース化しなければなりません。

なので、早速、ACCESSに書籍の内容を入力しました。

検証するのは、2月26日、2月27日の開催です。

また、双馬さんの書籍の中には、ラップの内容も記載していました。

なので、各競馬場の基準ラップタイムも計算しました。

ラップと血統、調教で、大穴馬券をGETしたいと思います。

 

検証  その1 距離短縮ローテはどうなのか?

 

こんな感じです。

データベースを作成するのは、カンタンです。

種牡馬を、主キーにして、コメントを反映させればいいのです。

距離を、前走の距離に対して、距離を0以下(0を含む)で抽出しました。

該当馬は、104頭です。

その中で、的中した馬は、コイツです。

2月27日の小倉のメインレースです。

トップオブメジャーです。

単勝 2,980円

距離が、‐600Mです。

ダイワメジャー産駒です。

 

双馬さんの分析
4~5ハロンの持続力勝負が得意

厳しく先行したほうが良い

距離延長ローテが苦手

小倉芝1800Mは、持続的な末脚が要求されることと関連性が深いです。

レースを観ていましたが、3コーナーから、追っていましたが、4コーナーを抜けてから、失速しませんでした。

この馬は、コンピ、レイティング、コラボ、HIT指数はボロボロです。

しかし、血統はすごいすね。

 

検証  その2 距離延長ローテはどうなのか?

距離延長ローテが得意な馬は、全部で、56頭です。

その中で、的中した馬は、コイツです。

オウケンロジータです。

単勝 2,880円

双馬さんの分析
仕上がりが遅く距離が長い方が有利

ローカルの芝2600、初の芝2400に期待

新潟の芝外回りで注目

 

仕上がりが遅いという分析結果から、オウケンロジータのラップを分析しました。

オウケンロジータのラップ
前走⇒0.1遅い
前々走⇒1.4遅い
3走前⇒3.4遅い
4走前⇒3.2遅い
5走前⇒0.8遅い

 

シャドーロールで、穴ですか?って思うかもしれませんが、双馬さんのいう事が、当たっていると思います。

そういえば、牝馬は、好走から、タタキ5戦目が、勝負なんて言葉を聴いたことがあります。

多分、この馬も、万馬券野郎に成長するかもしれません。

しかし、小倉の馬券師Tさんも、穴ではない穴を狙えと言っていましたが、このような馬が、穴ではない穴馬なんでしょうね。

検証  その3 芝替わり、ダート替わり

 

今回は、該当馬はいませんでした。

 

所感

 

この書籍の中で、感銘を受けた文章を紹介します。

 

馬は、走る距離をしらない。

確かにそうです。

この馬は、短距離向きなんて言うのは、人間が、勝手に思っている事です。

馬は、早く走りたがるという特質から、距離短縮向きが多いです。

だから、距離延長型が穴になる事が多い。

 

馬は、経験を積む

競馬予想TVで、血統で有名な水上さんがいます。

個人的には、水上さんのファンですが、それほど、亀谷さんに比べて、TV内では、的中していないような気がします。

水上さんは、ベストパフォーマンスを発揮した時ではないと、血統は、当たらない

このような発言をした気がします。

 

ここで重要なのは、馬が経験を積むなら、G1レースは、血統は、ぼぼ意味がないような気がします。

やっぱり、血統か?

G1レースにおいては、血統は参考程度と考える事です。

ここがポイント

 

距離延長ローテ、距離短縮ローテ、これは血統だけではありません。

当然、調教師も、馬の適正を把握しているはずです。

ここで、調教師も、統計を取ることで、距離短縮ローテ、距離延長ローテの得意な調教師を狙う事もできます。

また、ここも、DAMAHI指数にもつながります。

ここもデータベース化しようと思います。

まとめ

 

小倉の馬券師Tさんの書籍は、ラップの重要性を、私に気付かせてくれました。

双馬さんは、種牡馬のクセという新しい理論を気付かせてくれました。

是日、一読してみてください。

今回は、下記にサンプルファイルを用意しています。

ご自由にダウンロードしてください。
血統ラップ (30 ダウンロード)

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事