【メルマガの予想結果】メルマガNo134~No135結果

メルマガNo134~No135結果

 

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

中山記念の結果はいかがでしたでしょうか?

ダノンザキッドは、ダメでしたね。

ここで不思議なのが、レイティング指数は、ダノンザキッドは、13位なんですね。

その他の指数は、全て1位なのにです。

レイティング指数の仕組みは、研究していますが、いまだにしっくりきません。

ここも今後の課題となると思います。

では、メルマガ予想結果を、検証していきます。

 

2月26日

 

中山 02R 未勝利 ダート 1200m

 

予想 ムッシュージョイ 複勝 200円

KOLコメント
ムッシュージョイ……まだ絞れそうな体つき。出脚良くスッと好位。序盤壁を作れずちょっと力み加減。3角ですかさずインに潜り込み、脚をためる。直線はちょっと追いづらかったが、勝ち馬が抜けたあとからしっかり伸びて3着。

 

中山 05R 未勝利 芝 1600m

 

予想 レイフル 4着

KOLコメント
レイフル……イレ込む。最内枠から内々で何とか我慢させる。ジワッと前2頭の直後に押し上げ、一旦は横並びの2番手争いに加わったが、フラついて退いた。それでも、流れが落ち着いていたので4着に粘り込む。

 

 

中山 12R 2勝 ダート 1200m

 

予想 ノーベルプライズ 3着 複勝 250円

KOLコメント
ノーベルプライズ……五分には出たが、下げて最後方から。直線に向くまで我慢したが、大外まで持ち出せなかったのは誤算だったか。しっかり追えたのは残り1ハロン過ぎから。その分、切れたとも言えるが、さすがに上位2頭には届かなかった。

 

2月27日

 

阪神 08R 2勝 ダート 1800m

 

予想 トレデマンド 9着

KOLコメント
トレデマンド……馬体はふっくら。中位の内で抑えて追走していたが、直線でいざ追われてからが案外。

 

中山 02R 未勝利 ダート 1800m

 

予想 エステラ 2着 複勝 150円

KOLコメント
エステラ……もうひと絞りできる体つき。前を窺う構えも、1角手前で少し引いて好位から。直線に入るとやや内にモタれ加減だったが、渋太く伸びてきて2着。今日は勝ち馬が楽だった分、届かなかった。

 

 

中山 08R 1勝 ダート 1200m

 

予想 ルヴァンヴェール 4着

 

KOLコメント
ルヴァンヴェール……押してハナを主張。速めのペースになった分、直線で上位馬に交わされてしまったが、最後まで大きくはバテていない。右回りでの実績はもうひとつだが、今日の走りだけ見れば問題なし。

 

中山記念の予想

 

昨年の中山記念
ヒシイグアス ⇒血統判定 1位

ケイデンスコール ⇒ 血統判定 9位

ウインイクシード ⇒ 血統判定 7位

昨年の競馬ブックでの昇級点は、95です。

95をクリアした馬は1頭もいません。

 

今回のスピード指数で、昇級点超えは6頭です。

 パンサラッサ

マルターズディオサ

カラテ

アドマイヤハダル

コントラチェック

ダノンザキッド

 

また、昨年は、昨日、提供した、コンピ、レイティング、HIT、コラボの組合指数で、

ヒシイグアス 1位

ケイデンスコール 3位

ウインイクシード 4位

今年のンピ、レイティング、HIT、コラボの組合指数は、下記の通りです。

カラテ 1位

パンサラッサ 2位

ダノンザキッド 3位

ヒュミドール 4位

アドマイヤハダル 5位

パンサラッサは、昨年の中山記念で、7位ですが、中山1800の基準タイムから、-0.5です。

つまり、少し、時計の早い決着なのですが、本日の中山は、それほど早い時計は出ていません。

 

自作の直結は

ダノンザキッド 1位

カラテ 2位

アドマイヤハダル 3位

ガロアクリーク 4位

パンサラッサ 4位

 

 

 

血統に関しても、ダノンザキッドは、ハーツクライ系で、ジャスタウェイも、距離延長に向いています。

この書籍を参考にしています

 

ダノンザキッドは、皐月賞で、15着ですが、コメントに関しては、馬と接触して4コーナーで、失速とあります。

負けすぎとは、思います。

 

結論

 

ダノンザキッド

アドマイヤハダル

 

カラテ

パンサラッサ

ヒュミドール

 

 

こんな感じでしょうか?

 

基本は、ロードカナロア産駒、ステイゴールド系、ハーツクライ系

 

かつ、各指数の上位と、直結上位を選択します。

 

中山記念の回想

 

終わってみると、コンピ、レイティング、HIT、コラボの組合指数での、ワンツーフィニッシュでした。

今回は、ラップも予想に組み入れてみました。

ラップは、常に補正が必要になるため、どこまで通用するのか、分かりません。

しかし、メルクマールにはなります。

私は、パンサラッサの複勝で勝負したので、当たりはしましたが、何となく不満です。

原因は、ダノンザキッドですね。

KOLコメント
ダノンザキッド……すっきりと仕上がる。気合乗りも上々。ただ、発馬でアオッて後方に置かれたのが痛恨。人気も背負っていただけにレース中盤ではもう追い上げざるを得ず、結果的になし崩しに脚を使うことになった。直線はもう余力がなくなり、流れ込みの7着がやっと。

 

ダノンザキッドは、弥生賞で、3着、マイルチャンピオンで、3着

どこかで、万馬券野郎になる可能性の高い馬ですね。

しかし、そこまで、神経質な馬なんですね。

中山に適正があるようですが、弥生賞までなのかもしれません。

 

まとめ

 

ラップと、血統も取り入れて、確実に投資に変わる競馬を目指します。

今後の研究に精進します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事