無印の激走馬 本命の馬を切り飛ばす

こんにちは。伊川(@IkawaNaosuke)です。

今回は、無印の激走馬を判定する方法を、少しだけ紹介します。

この記事は、こんな人におすすめ
  • コンピ指数等、指数等の予想に限界を感じている人
  • 血統を勉強したいけど、勉強方法がわからない人
  • 無印の激走馬を探すのは、血統が適していると思う人

 

血統の勉強はどのようにしていいのかわからない

血統の勉強は難しいですね。

血統予想で有名なのは、亀谷さん、水上さんですねかね?

水上さん曰く、血統予想は、馬が、ベストパフォーマンスをした場合、必ず当たるというものです。

血統・・・・・・・・・・

ノーザンダンサー系、インブリード系、・・・・・・ わからんの一言です。

解決

このブログを読み終わるころには血統の予想は、あなたにとってカンタンになります。

使用するものはExcelとTargetです。

私の血統予想が的中したとき

それは、1999年の菊花賞でした。

1着馬は、ナリタトップロードでした。

その時の世間様の本命は、武豊騎乗のアドマイヤベガです。

これは、京都新聞杯で、アドマイヤベガが、力の差を見せつけて、1着でした。

その時の武豊のコメントは、今でも記憶しています。

「上がりの競馬になった」

この瞬間に、アドマイヤベガは、本命ではありませんでした。

なんといっても、アドマイヤベガの父は、トニービンです。

この馬は、1600m~2000mでしょう。

京都の3000mは絶対といっていいほど血統的にあり得ない馬なのです。

結果は、6着なのです。

血統予想なのかわからんが、直結式という本を自動化した

正直、言いますが、コンピ指数、レイティング指数は、メルクマールにはなりますが、

無印の激走馬を見つけることは、正直私にはできませんでした。

つまり、指数等で、的中させるには、出目でしかありません。

異常に高額なコンピ指数のソフトは、多分、このカラクリです。

直結式を何度もためした結果、下記の理論にたどり着きました。

血統と適正は、別ということです。

 

この理論にたどり着きました。

わかりやすく言うなら
  • イチロー選手は、野球に適正があったと思います。
  • 清宮選手は、お父様も、バリバリのスポーツマンです。
  • イチロー選手は、血統的には、清宮選手に劣る
※私は、イチロー選手は大好きです。単なる例え話です。

適正と血統を融合したらどうなるのか?を考えました。

血統は、Targetを利用するとカンタンに判定可能

この抽出したデータの勝率、連帯率、複勝率に、反映させるとどうなるかということを、考えました。

ワクワク、ドキドキしながらです。

テストには、Excelを使えばカンタンにできます。

Excelは、一応、私は、YouTubeでは、ExcelとACCESSがメインです。

カンタンに血統データがExcelに反映した

なんともカンタンに、血統データがエクセルに反映しました。

この20年の血統にかんしてのコンプレックスはなんだったのか?

もっと早く気が付けばよかったと思います。

 

こんなにカンタンなら、騎手、調教師も絡めたらどうか?

この際だから、騎手、調教師の勝率、連帯率、複勝率を合わせました。

この時の私の気持ちは、2020年の宝塚記念の、モッズベロの3着の理由付けが欲しかったのです。

宝塚記念のモッズベロ理由付けができた

なんとこの馬の父は、阪神の2000m~2400mでは、複勝率が100%でした。

母数が、モッズベロを含めて、2頭なのですが、100%なのです。

その時も、複勝で、1,280円の配当です。

しかも、調教師の複勝率も100%なのです。

この馬を無印にしたのは、誰だと思います。


本当なのかさらに検証

七夕賞で検証します。

ハンデらしく、オッズも割れています。

本当に来るのか、Twitterに予想を掲載しました。

七夕賞、3番 クレッシェンドラブがどうしてもよく見えます。

11番 ヒンドゥタイムズは、良い数値なのですが、血統、騎手、調教師が最悪です。

ここで、ハンデ戦だからとあきらめてはいけません。

なにか、必ず理由があるのです。

よく見えた、クレッシェンドラブが、鮮やかに1着で、単勝配当は740円でした。


クレッシェンドラヴが、一番、色鮮やかですよね。



ちなみに、飯田式でも的中です。

血統判定ツールが欲しい方

血統は難しいけど、わたくし、伊川と同じ予想をしたいのなら、血統、調教、騎手の判定ツールを販売します。

料金は、3,000円です。

気まぐれで、10本売れた時点で、料金を1,000円ずつ値上げします。

値下げはしませんので、早めのご購入をお待ちしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事